ヨガについてはもちろん、世界のヨガスタジオやヨガの先生、そしてヨガ辞典までヨガに関するすべてがここにあります。ヨガに関して何か疑問があるトキはまず、検索してみては?あなたのヨギライフをサポートします。
☆冷え性対策☆

2008-03-02 Sun 10:00
まだまだ寒い日が続いていますが、女性の多くは『冷え性』で
悩まされている方も多いと思います。

一言で『冷え性』と言いますが実は色々な症状を引き起こします。

○血行不良の為に手先、足先が冷たくなり、寝不足。
○同じく血行不良の為に肩こりや頭痛がひどくなる。
○猫背になりやすくなり、呼吸が浅くなる。
○風邪をひきやすくなる。
○自律神経を低下させるので集中力の低下。
○アレルギーや肌荒れがひどくなる。
○胃がもたれやすい。
○生理不順。
○疲れやすい。

などという症状が『冷え性』からの原因で起こります。


じゃあ、その原因は?

<原因1>衣類等からの原因
最近の女性はボディラインにピッタリとした服を着る方が多いです。
窮屈な服を着るという事はそれだけ、身体に圧迫をかけるという事。
毛細血管へ血液を運ぶ妨げになります。

<原因2>食生活の原因
現代人の食事はファーストフード、チョコレートなどのお菓子が多くなって
きています。 これらは、陰性の食べ物と言われ身体を冷やす効果が
あるだけでなく、血液をドロドロにし循環を悪くさせる効果もあります。

<原因3>エアコン等の機器
人間の身体は、その季節や温度に合わせて調節する機能があります。
しかし、クーラーや暖房などの機器に頼り過ぎていると身体が温度を
感知する力が弱まり、いざという時に身体を温める血液を送り込むことが
できなくなり、自律神経がうまく働かなくなります。

<原因4>運動不足・筋力の低下・姿勢
運動不足はエネルギーの代謝を下げ、血液の循環を悪くします。 また
筋力が低下することによって身体を上手く支えることができなくなり、
色々なところに負担をかけることになります。 
さらに長時間パソコンの前に座っているなどの姿勢はついつい猫背に
なっていたり・・・・・と姿勢によって身体に歪みが生じます。 それに
よって血液の循環も悪くします。

そこで冷え性を改善するには・・・・・・

☆まずは運動をしましょう!

その為にヨガは最適です。 ヨガのゆっくりとした動きは表面にある筋肉
ではなく内部にある筋肉(インナーマッスル)を鍛えます。 その為、
適度の筋肉をつけて、代謝を上げる(太りにくい身体を作る)ことが可能
なのです。 またヨガのアーサナ(ポーズ)をすることによって自分の身体
の歪みに気付くことができると思います。
さらにゆったりとした呼吸をしながら行うので、深い呼吸ができるように
なり身体の中に酸素を多く取り込めるようになります。


☆陰性の食べ物を控え、陽性の食べ物を多く取る。

陰性の食物の特徴は、暖かい地方で採れるものや、夏に採れる野菜や
果物、大豆、豆乳、コーヒーを筆頭に合成甘味料、砂糖、スナック菓子、
チョコレートなどがあります。 これらの食材は身体を冷やします。
 
陽性の食物は、寒い地方で採れる物。冬に採れる食べ物が多いです。
しょうが、ねぎ、にんにく、こんにゃく、ごぼうなどの根菜があります。
これらは身体を温めて、血液をサラサラにする効果があります。


☆身体を温める。 
まずは半身浴やサウナなどでしっかり身体を温めて、汗をかける身体を
作ります。 それによって身体の血行は良くなります。
外出する際には重ね着をして、首元を温める為にマフラーやストールを
します。 首元が冷えると首から肩の筋肉が緊張して、肩こりや頭痛の
原因を生みます。 
またハイヒールなどの締め付けの高い靴を履くと血行は悪くなります。
靴下やタイツをはいて、足元からも温めてください。



春はもうすぐです♪ それまでしっかり冷え性対策をしましょう!!
スポンサーサイト
別窓 | [YOGAコラム]YOGA COLUMN | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<Nancy Gilgof ワークショップのお知らせ~ | YOGA de MySOUL8  ~すべてのヨギと共に~ | ~『ズームイン!!SUPER』に出演(訂正)~>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| YOGA de MySOUL8  ~すべてのヨギと共に~ |