ヨガについてはもちろん、世界のヨガスタジオやヨガの先生、そしてヨガ辞典までヨガに関するすべてがここにあります。ヨガに関して何か疑問があるトキはまず、検索してみては?あなたのヨギライフをサポートします。
YOGA コラム ~ グルジへのインタビュー(その3) ~

2009-09-09 Wed 10:00
<質問9> ---------------------------------------------------------------
Q(サッシャ): 現在、とても多くのスタイルのヨガがあります。 どうやってどのヨガが本物であり有益であると知れますか?

A(グルジ): 過去に、多くの学生は運動としてのみヨガをしていました。 私は1975年にカリフォルニアに最初行った時、10人の生徒が(ヨガを習いに)来ました。 彼らがヨガの練習しているのを見て、彼らに話しました、「これはYogaでありません、そして、とても危険です。」と。 その後、私は彼らにAshtanga Yogaを教え始めたのでした。 太陽礼拝と2、3のポーズだけをしている頃、多くの汗をみんなかき始めました! そして、私は彼らに話しました、「体を浪費しないでください。 その汗ですら! 汗をあなたの体にすりこんで戻してください。 その後、体は非常に強くて軽くなります。」

そして翌年、私が再びアメリカを訪問した時、100人の生徒が集まりました。 それ以来、私は毎年米国を訪問し、同じ方法を教えてきました。 今、全国でこの練習を皆しています。そして、それは本当のヨガといえます。

本当のヨガは、常によいものです。 もし、あなたが毎日をするならば、とてもいい。 非現実的な;何の利点もないヨガは・・・しないでください。

(English)
Q: Many styles of yoga are out there now. How does one know which is real and beneficial?
A: In the past, many students did yoga only for exercise. I went to California first time in 1975, ten students came. After I saw them practicing Yoga, I told them “This is not Yoga, and it is very dangerous.” Then I started teaching them Ashtanga Yoga. After they did only Suryanamaskara and a few poses, much sweat came! And I told them “Don’t waste your body. Even your sweat, you should rub it back into your body. Afterwards body will become very strong and light.”
Then the next year I visited USA again, hundred students came. Since then I visit the USA every year, teaching the same method. Now the whole country is doing this practice, which is real Yoga.
Real yoga is always beneficial. Very good if you do everyday. Unreal; no use. Don’t do.

<質問10> ---------------------------------------------------------------
Q(サッシャ): どうやってよい先生を見つれるでしょうか?

A:(シャラス): 本当のグル(光を指し導いてくれる人)を見つけるために、マイソールに来ます。 彼らは、自分自身で見なければなりません。 現在、世界はとても小さく、情報は簡単に得られることができます。 もし検索をして調べたら、誰が本当の先生であるかは明白でしょう。

Q: How can one find a good teacher?
A: (Sharath) Students come to Mysore to find the real Guru. They have to see for themselves. Now the world is so small and information can be easily obtained. If students do some search, they’ll know who is the real teacher.

<質問11> ---------------------------------------------------------------
Q(サッシャ): では、良い先生の質とは何でしょうか?

A(グルジ): 長い間、実践に励んだもの。 何度も何度も勉強する為にここに訪れた後、私は彼らのプラクティスを見ます。 (そのプラクティスが)正しいならば、私は彼らに(アシュタンガヨガを)教える許可をします。 それから、彼らは教えることを始めることができます。 グルの許可なしで、教えないでください。

(English)
Q: What is the quality of a good teacher?
A: One who takes practice for a long time. After students come here to study for many times, I look at their practice. If correct, I give them permission to teach. Then they can start teaching. Without Guru’s permission, don’t teach.


<質問12> ---------------------------------------------------------------
Q(サッシャ): アシュタンガの同じシステムを違った先生は違ったやり方で教える場合があります。 それは生徒をとても混乱させてしまいませんか?

A(グルジ): 異なった先生を持つことは危険なことです。 1人の先生だけがいいです。「2人の指導者、死をもたらす。」と、『Guru dvaiyam shishyanipatahetuh』は意味します。

(English)
Q: Different teachers teach even the same method differently, and it can be very confusing for students.

A: Different teachers very dangerous. Only one teacher. Guru dvaiyam shishyanipatahetuh means “Two gurus, the man is dead.”

<質問13> ---------------------------------------------------------------
Q(サッシャ): アシュタンガヨガは、99%のプラクティスと1%のセオリー(理論)といいます。 しかし、それは、特に初心者に、一部の生徒に、毎日のプラクティスを強いるのは難しいと思います。 そのことに対してよい提案はありますか?

A(グルジ): それにとらわれ過ぎないで! ただプラクティスをするだけです。 たとえ週に2,3回、または4回でも、誰でも挑戦することができ、利益を得ることができます。 問題ありません。 確かに効果は少なくなりますが。 毎日プラクティスする人には、より多くの利益があります。 病気にかかっている人こそ、プラクティスをしなければなりません。 しばらくして、病気はなくなります。 誰でも、アシュタンガのプラクティスを実践することができます; 男性・女性、若者・年配者(たとえ 80-90才でも可能です)などでも。 病んでいる人もアシュタンガの練習はできます。そして、彼らははより強くなるでしょう。

(English)
Q:Ashtanga Yoga is 99% Practice, 1% Theory. But it’s difficult for some students, especially in the beginning, to commit to daily practice. Do you have any suggestion?

A: Don’t be afraid. Just take practice. Anyone can do and can get benefits. Even practice only two, three, or four days a week is no problem; but little benefit. Practice everyday; many benefits. One who has disease should take practice. After some time, disease is gone. Everyone can do this practice; men and women, young and old―even those who are 80-90 years old possible. Sick people can do, and they will become stronger.


<質問14> ---------------------------------------------------------------
Q(サッシャ): 忙しくて時間のない人はどうしましょう?

A:(シャラス): フィニッシングのシークエンスは特に重要です。 全部のシークエンスをするのに十分な時間がないならば、太陽礼拝だけをしたり、いくつかのポーズをして、フィニッシング・ポーズへと終わっていってもいいいでしょう。

(English)
Q: What about students who do not have much time?

A: (Sharath) Finishing sequence is very important. If one doesn’t have enough time to do the whole sequence, they can do Suryanamaskar and then may be a few poses, followed by the finishing sequence.

<質問15> ---------------------------------------------------------------
Q(サッシャ): さらに、アシュタンガヨガが単なる身体的エクササイズと思っている人にはどうしましょうか?

A(シャラス): 練習を積んだ後、これが身体的エクササイズではなく、『Yogah cittavritti nirodhah.』と同じであることに気づき始めます。

(グルジ): 行うすべてのことに大いなるモノを意識しなさい。 ヨガの練習をする時、大いなるモノを意識しなさい。

(English)
Q: And those who think that Ashtanga Yoga is just a physical exercise?
A: (Sharath) After they practice they will come to understand that this is not a physical exercise but it’s the same as Yogah cittavritti nirodhah.
(Guruji) You think of God in everything you do. When practice, think of God.

<質問16> ---------------------------------------------------------------
Q(サッシャ): ここマイソールでの教えの中心は実際、何でしょうか?

A:(シャラス): アーサナ(ヨガのポーズをとること)は、8支則の他のパートへの実践への基盤となります。 正しいプラクティスを通して、マインドは自然とスピリチュアリティと自己実現の方へと発展してゆきます。 しかし、あなたの中にそれを感じるためには長年練習しなければなりません。

(English)
Q: What is actually the heart of the teaching here in Mysore?
A: (Sharath) Asana is the foundation for the students to move onto the other limbs of Yoga. Through correct practice, the mind will naturally develop towards the spirituality and Self-realization. But you have to practice for many years in order to feel that inside you.

<質問17> ---------------------------------------------------------------
Q(サッシャ): ある生徒などはアーサナ(ポーズ)の完成度だけに目が行き、競争的になる傾向があります。

A:(シャラス): この問題は個人個人によります・・・いかにプラクティスについてどう考えるか。 我々が教えるものは身体的な運動でありません、しかし、生徒は自分自身でそれを理解しなければならないでしょう。

(English)
Q: Some people tend to look at only the Asana practice and become competitive.
A: (Sharath) This depends on individual…how you think about this practice. What we teach is not a physical exercise, but they have to understand it by themselves.

<質問18> ---------------------------------------------------------------
Q(サッシャ): ということは、このマイソールのシャラにおいてとりわけ強調されているアーサナ(ポーズ)が正しくできなくてはならないということであっても、真のプラクティスは精神性やマインドを穏かにしてゆく方に向かっているということですか?

A:(シャラス): そうです。

(English)
Q: So, even though Asanas have to be done correctly hence being emphasized here in the Shala, true practice is to move towards spirituality and calm mind?

A: (Sharath) Yes.
スポンサーサイト
別窓 | [YOGAコラム]YOGA COLUMN | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<JIVAMUKTI CLASS について | YOGA de MySOUL8  ~すべてのヨギと共に~ | YOGA コラム ~ グルジへのインタビュー(その2) ~>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| YOGA de MySOUL8  ~すべてのヨギと共に~ |