ヨガについてはもちろん、世界のヨガスタジオやヨガの先生、そしてヨガ辞典までヨガに関するすべてがここにあります。ヨガに関して何か疑問があるトキはまず、検索してみては?あなたのヨギライフをサポートします。
アシュタンガで大事なことって??

2006-09-01 Fri 06:06
アシュタンガヨガを行う上で欠かせないことが3つあります。それは、バンダ、ドリシュティ、ウジャイというものです。
1.バンダ
「掟」、「封」を意味するバンダ。アサナをする際、特定の部分の筋肉を収縮させることをいう。自分性器と肛門の間(ムーラ)と、おへその下の奥(ウディヤーナ)の締め付けを意識します。肛門をコントロールすることは精神のコントロールに通じます。内側に隠れていたエネルギーを解き放ち、体の隅々にまで行渡らせるシステムです。

2.ドリシュティー
「視点」を意味するドリシュティー。アサナ(ポーズ)をする際、視点がどこにあるかも重要になります。これがきちんと定まっていればポーズが正しく行われて精神の集中を助けてくれます。場所は8つあります。鼻先、親指、第3の目(眉間のすこし上)、おへそ、空(上方)、手、つま先、側面(右か左の遠方)。各ポーズにはすべてこのうちのどこかを見ることが決められています。

3.ウジャイ呼吸
ウジャイ(勝利を得た)呼吸をいう意味。ウジャイ呼吸を行うと体を内側からクレンジングしてくれるのと同時に心のクレンジングもできるので、心身に抱えている苦痛やこんな から克服されるといわれています。
口を閉じたまま口の中で軽く舌先を巻き、鼻から吸って鼻から吐きます。吸うときも吐くときもお腹がへこませたままで、喉の後ろを呼吸が通るようにし、その音を聞くことによって落ち着きを保ちます。慣れてくると喉奥で「スー、スー」と音がします。息を吸う時間と吐く時間をなるべく同じ長さにします。腹式呼吸ではなく、胸式呼吸を保ち呼吸の質を高めていきます。
スポンサーサイト
別窓 | [いろんなヨガ]アシュタンガについて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<Vinyasa(ビンヤサ)について | YOGA de MySOUL8  ~すべてのヨギと共に~ | シュリ・K・パタビジョイス師>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| YOGA de MySOUL8  ~すべてのヨギと共に~ |