ヨガについてはもちろん、世界のヨガスタジオやヨガの先生、そしてヨガ辞典までヨガに関するすべてがここにあります。ヨガに関して何か疑問があるトキはまず、検索してみては?あなたのヨギライフをサポートします。
八支則のプラティヤハーラ(Pratyahara)は?

2006-09-01 Fri 06:55
5.プラティヤハーラ(Pratyahara):制感、感覚のコントロール
感覚を閉じ込めて周りの物が気にならなくなること。

プラティ(prati)は「逆らって、後ろに」、ハーラ(haara)は「つかむ」という意味で、そこからプラティヤハーラは「抑える」という意味になります。ほかのところにさまよいがちな心を安定させることによって、精神が鎮まり、コントロールされる。
本や映画に集中しているときの感覚と似ています。
別窓 | [いろんなヨガ]アシュタンガについて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

八支則のダーラナ(Dharana)は?

2006-09-01 Fri 06:54
6.ダーラナ(Dharana):凝念、集中
集中力をつけること。

ダール(dhar)は「止める、維持する」という意味。
瞑想状態のことをいいます。1点や1つの対象に意識を集中することで、心を平穏にし、呼吸と視点だけに集中した状態になります。

すなわち、アシュタンガヨガにおいて、心の焦点が一点に定まり、吐く息と吸う息、そして視点(ドリスティ)のみに純粋に集中した状態ということになります。
別窓 | [いろんなヨガ]アシュタンガについて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

八支則のサマディ(Samadhi)は?

2006-09-01 Fri 06:53
8.サマディ(Samadhi):三昧、自己実現、悟り)
悟り、一体感を味わう。

サマ(sama)は「同じ」、アディ(adhi)は「もっとも高い」を意味します。
サマディに至ることは、アシュタンガの八支則すべての頂点です。
至福の状態を表し、宇宙との一体化を意味します。アシュタンガ・ヨガを続けるうちにこれを感じる一瞬が積み重なり、次第にその時間が長くなるといわれます。
別窓 | [いろんなヨガ]アシュタンガについて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

八支則のディヤーナ(Dhyana)は?

2006-09-01 Fri 06:53
7.ディヤーナ(Dhyana):静慮、瞑想
落ち着きのある静かな精神状態を保つ。

深い瞑想状態のこと。ダーラナが深まった状態。
アーサナにおいては、連続したポーズを途切れなく流れるようになり、最初から最後まで呼吸の糸が乱れません。
別窓 | [いろんなヨガ]アシュタンガについて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

Vinyasa(ビンヤサ)について

2006-09-01 Fri 06:23
サンスクリット語でヴィ(vi)は「始める、動く」、ンヤーサ(nyasa)は「置く、伏せる」を意味します。つまり「動作の連続」という意味。
Vinyasa(ビンヤサ)についての続きを読む
別窓 | [いろんなヨガ]アシュタンガについて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

アシュタンガで大事なことって??

2006-09-01 Fri 06:06
アシュタンガヨガを行う上で欠かせないことが3つあります。それは、バンダ、ドリシュティ、ウジャイというものです。
アシュタンガで大事なことって??の続きを読む
別窓 | [いろんなヨガ]アシュタンガについて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

シュリ・K・パタビジョイス師

2006-09-01 Fri 02:16
シュリ・K・パタビジョイス師

・・・1915年7月、満月の日に南インドのカルナタカ州ハッサン郡の小さな村コウシカに生まれました。
彼が12歳のときヨガに出会い、偉大なヨギーの元、修行と探求の日々がはじまり、その後生涯をアシュタンガヨガの研究とし人々に伝えるためそのツールを作り、今もなおインドのマイソールで多くの人に教えています。
別窓 | [いろんなヨガ]アシュタンガについて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ティルマライ・クリシュナマチャリヤ師

2006-09-01 Fri 01:08
アシュタンガヨガの土台を作り、現在のグルジ(シュリ K パタビジョイス師)にヨガを教え、その後一緒に研究し続けた人
別窓 | [いろんなヨガ]アシュタンガについて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

BACK | YOGA de MySOUL8  ~すべてのヨギと共に~ |